リネンのお洗濯

リネンのお洗濯

みなさんこんにちは。

先日に引き続きリネンのおはなし。

 

今日はリネンのお洗濯についてです。

 

リネンのお洗濯、

みなさんはどんなイメージを持っていますか?

シワになりそうで、、、難しい?
洗濯機でじゃぶじゃぶ洗ってま~す!

なんとなくで洗ってるかも。。。。などなど。

 

さて、

リネンはどのようなお洗濯が良いのでしょうか。

 

実はリネン生地、

手洗いはもちろんのこと、

洗濯機でも毎日洗えるのです。

 

 

※※※※※※※

 

 

【洗濯機で洗う時】

 

◎ネットで摩擦軽減◎
必ず洗濯ネットにを使います。
軽く形を整えることで、

洗いあがりのシワを減らすことができます。

 

◎おしゃれ着洗剤で風合いを保つ
洗剤は中性洗剤を使いましょう。
生地が傷みにくく、

色落ちや素材の風合いも保ってくれます。

 

◎水温が大切
リネンは繊維の目が粗いので、
お洗濯の摩擦によって縮む性質を持っています。
水やぬるま湯でお洗濯することで、

生地の縮みを軽減できます。

 

◎色落ち注意
リネンは色落ちしやすい生地です。
他のお洋服への色移りを防ぐために、

2~3回は単独で洗うことをおススメします。

 

◎優しく洗う
リネンは摩擦に弱い生地。
できるだけ水流の弱い

手洗いコースなどで優しく洗います。

 

◎すすぎはしっかり
繊維の間に残った洗剤や、染みこんだ皮脂や汗など、
生地に残ったものが酸化して、
黄ばんだり色移りすることがあります。
きれいに保つため

手早くしっかりすすぐことが大切です。

 

◎脱水は優しく
リネンは摩擦に弱くシワになりやすい生地です。
しっかり脱水してしまうと、
シワが強くついたり、摩擦に負けて

生地が縮んだり痛んだりしてしまいます。

長くきれいに使うためにも、
脱水は10秒程度、

もしくは脱水しないという方法もあります。

 

◎乾燥でシワを伸ばす
水がぽたぽた落ちるくらいで
陰干するのがおススメ。
生地に残った水分の重みが、

優しくシワを伸ばしてくれます。

リネンは太陽光に弱く、
色あせや日焼けによる変色を防ぐためにも、

陰干しで乾かしましょう。

リネンは発散性があるので、
日陰でもさっと乾いてくれますよ。
乾くとシワが強く残り伸びにくくなるので、

乾く前に優しく形を整えて干します。

あえてシワを残し、

自然な生地感を楽しんでも◎

 

 

◎シワを取りたい!
強いシワが残ってしまったらアイロンで伸ばします。
霧吹きで生地を湿らせながら、
高めの温度でさっとシワをとります。
あて布をしながらアイロンすると、
生地を傷めることなく

自然な風合いに仕上がりますよ。

 

 

※※※※※※※

 

 

【手洗いするとき】

 

 

◎汚れを浮かせて落とす
洗濯機と同様、必ず水かぬるま湯で。
洗面器などに水かぬるま湯を入れ、
中世洗剤(おしゃれ着洗剤)でつけ置き洗いをします。
つけ置き時間は、
使用する洗剤のパッケージで確認してくださいね。

つけ置きしながら汚れを浮き立たせて落とします。

 

◎すすぎはしっかり
きれいな水に入れ替えて、
泡がなくなるまでよくすすぎます。

この時もこすったりもんだりせず、優しくおし洗い。

水を2~3回変えながら、

しっかり汚れを落としましょう。

 

◎脱水は優しく
タオルドライで
さっと水気を切ってから陰干しします。
洗濯機を使う場合は、
軽く形を整えて洗濯ネットに入れ、

10秒程度脱水します。

 

 

【~~リネンのお洗濯ポイント~~】
・水かぬるま湯
・中性洗剤で優しく
・おし洗いですすぎしっかり
・軽く10秒脱水

・陰干し

 

リネンは難しいお手入れをしなくても

大丈夫なのです ♪

 

 

リネンのお洗濯は、
時間をかけず

手早く優しく洗う

 

これを守ってお洗濯することで、
10年後も美しく育った

味わい深いリネンを楽しむことができますよ。

 

お持ちのリネンアイテム、
おしゃれはもちろん、
お洗濯も楽しみながら

ゆっくり育んでいってくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♥
Written By

返信する

*は必須項目です。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。